「邪教・幸福の科学」の正体

30年の活動信者。退会後のカルトを語る。

「正心法語」は、原さんの軽井沢の別荘で作られました。

「邪教・幸福の科学」の正体 - 会員NO:3告発

 

blog.livedoor.jp

 第一回の研修には全て参加してます。

考えたくないことですが、

まだ私の大川とのやり取りのテープが残ってるんでしょうか?

だとしたら、非常に無念です。

「正心法語」は、原さんの軽井沢の別荘で作られました。

わたしは、全て大川の作文だと思ってますから、感動はしませんでした。

この人間は正直頭がおかしいのでは? と言いたかったぐらいです。

虚業集団」は、内容が事実であるからこそ、

最高裁までいって勝訴の判決を勝ち得たわけです。

最近の会員さんはそうした流れを知らないのでしょうね。

なお、個人的に今は一切の宗教とは縁を切ってます。

あと、具体的な話は土田画伯の「挿絵」の話題ですね。

初期の「ひまわり」の絵を差し替えて、画伯が不快に思ったとか、

初期の講習会で、大川が、 時期がくれば本のノルマで

会員には1人100冊配らせるようにしよう、とか

かなり早い段階で話してましたね。