「邪教・幸福の科学」の正体

30年の活動信者。退会後のカルトを語る。

「裸の王様」への道

「邪教・幸福の科学」の正体 - 虚業教団

真っ黒な雲の魔女

大川夫人の登場と会の変質

二人の仲は急速に発展した

 

第3章「裸の王様」への道

《真っ黒な雲が覆いかぶさってくる》

 

大川隆法の結婚前に、中原幸枝が一人の老婆を講演会に連れてきた。

人のよさそうな田舎弁丸出しのおばあさんだったが、中原によると、なかなかの霊感の持ち主であるという。

その老婆は講演会が終わってから感に堪えない様子でこう言った。

「お話は難しくてよくわからなかったが、あの先生(大川)からは金色の後光が射しとった。

いいところへ連れてきてもらって、ほんとにありがたい」

霊感とか霊能力には比較的冷淡な私も、こんなふうに自分の参加する会が褒められるのは悪い気がしなかった。

大川が結婚してから、老婆が再び講演会に顔を出したことがある。

このときも中原が連れてきたのか、自分から会場へ来たのか、そのあたりの私の記憶は曖昧である。

しかし大川について、次のように語ったのが強烈な印象となって残っている。

「前に聴かせてもらったときは、金色の光が見えたにねぇ。

今日はどうも違う。

先生の後ろに魔女がいて、まっ黒い雲を吐き出している。

それが、わしらのほうへかぶさってきて、えらく気味悪かったよ」

いま考えると不吉な言葉である。

しかしそのときは深くも考えなかった。

日によって変わる〔老婆のたわ言〕ぐらいに受け止めていたと思う。

老婆が見たという〔魔女〕に、現在の私は思い当たる一人の女性がいる。

彼女の中高の鼻は西洋の魔女のわしっ鼻と似ていなくもない。

その女性が魔女なのだと言うつもりは、私には毛頭ない。

主宰先生のように「あの人には悪霊がついている」とか「彼は悪魔だ」などと言う趣味を私は持ち合わせていないからだ。

しょせんは老婆のたわ言である。

しかし、あのおばあさんは大川に、あるいは会に何か良からぬ変化が起きているのを直観的に感じとったのではなかったか。

それを、たまたま魔女というイメージであらわしたのではないだろうか。

問題は彼女が魔女かどうかではない。

老婆の言った〔魔女〕という言葉に、私がその女性を思い浮かべるようになったという、その事実である。

それには、もちろん理由がある。

その理由は〈幸福の科学〉を神理探究の場から、会員獲得を第一義とする宗教団体へと変質させてしまった、その原因のひとつと重なっている。

大川の結婚を境にして〈幸福の科学〉は急速に変質していったのである。

 

《大川夫人の登場と会の変質》

 

最初に申しあげておきたいと思うが、私は個人攻撃をするつもりはない。

教団というものが、いかに人を本源の神から遠ざけてしまうか。

そのことを〈幸福の科学〉という一つの集団を例として、また〈幸福の科学〉に人生を懸けた愚かな男の悩み、苦しみを通して、

一人でも多くの人にわかってほしいという願いから、こうして筆をとっているにすぎない。

私が大川主宰や、そのまわりの人に批判の目を向けるとしても、それは会の行き方を検証したいがためである。

というのは、彼らもまた私たちと同様、宗教団体という魔力の犠牲者である。

本源の神から人を遠ざけてしまうものを検証するには、彼らにも裸になってもらわなければならない。

あの童話の幼児のように「王様は裸だ!」と、誰かが叫ばなければならない。

 

話は大川の結婚式の半年前にさかのぼる。

 

1987年11月の21日から三日間、茨城県の大洗で研修会が開かれた。

いくつかの意味で〈幸福の科学〉の今後を決定することになった特筆すべき研修会である。

三日間の研修だから、当然泊まりがけになる。

どんな集団でも、そうした合宿などでは特別な雰囲気が生まれる。

このときは若い女性グループが妙に はしゃいでいた。

ワーワーキャーキャー騒ぎながら、まるで人気タレントのように大川をあつかった。

今にして思うと、これが我が師を大いなる覚者から宗教タレントへ変貌させるきっかけであった。

佐藤真知子という20代半ばの女性会員が、そのグループの中心になっていた。

婦人部講師だった母親をはじめ、一家をあげて熱心に活動していたから、生え抜きの若手と言っていいかもしれない。

大柄な体に相応しく屈託のない天真爛漫な性格で若い女性たちのリーダー的存在だった。

もっとも、30も年の違う私から見れば、そんなところが可愛い娘さんだった。

この若い女性たちのグループ、自称アマゾネス軍団の一人が、ボランティアとして会の活動にかかわっていた東大生の木村恭子である。

以下に述べるのは直接私が見聞きしたものではないことを断っておく。

しかし最も身近にいた人間から伝え聞いたものであるから、真実と考えてもらっていいと思う。

 

《二人の仲は急速に発展した》

 

「先生に直に指導していただかなければ、霊道の開けてしまった私は死んでしまう」

手紙にはそんなことが書き連ねてあったという。

「大洗での講義のとき、先生は私を意識していましたね」ともあったらしい。

なかなか可愛いではないか。

恋愛経験の少ない自意識過剰な若い女性なら、そんなふうに思い込むのは不思議ではない。

ラブレターをもらったほうも、大川の本を信じる限り、デートひとつしたこともないぐらい恋愛経験に欠けていた。

学生時代には、一度しか話したことのない相手に、ラブレターを小包にして送っていたというから純情さではひけをとらない。

そういうカップルにありがちなケースだが二人の仲は急速に発展した。

まず中原が大川の指示で恭子にコンタクトをとる。

そして、キューピットさながら主宰先生の逢瀬をとりもった。

その場で、すべてが決まってしまった。

わずか一ヶ月後には吉祥寺の料亭「双葉」において、私に結婚を打ち明けている。

大川と恭子の婚約発表に、彼女を知る会員たちはさぞかしびっくりしただろう。

先日まで職員の手足となって働いていたボランティアが、しばらく顔を見せないと思ったら、なんと主宰夫人になるという。

とりわけ真知子にとっては、青天の霹靂のはずである。

結婚の縁というものは、恭子の著作『愛を与えることの幸福』によると「今世の魂修行の重要課題」に従って決まってくるという。

としたら、この結婚にこそ大川隆法の本質がハッキリと現れていると言ってもいいだろう。

大川夫人の登場と時を同じくして〈幸福の科学〉は大きく変質していった。

神理を探究する人々の集まりの場から、会員を集めることに狂奔する、ありふれた新興宗教の一つへと転落を始めたのである。

その変質は、たとえば大川父子の反目という、具体的なかたちをとって現れてきた。

 

幸福の科学〉の初期の講演会では、講師は常に大川隆法、善川三朗の二本立てだった。

それが次第に大川一人が講演するようになり、父親である善川のほうは独自で講演会を催すようになる。

同じ〈幸福の科学〉の看板を掲げて開くのだが、何万人も集める大川にくらべ、父親の講演会は今もってこじんまりしたものらしい。

あの東京ドームでのハデハデしい〔御生誕祭〕も常識人である善川の反対を押し切っておこなわれたと言われている。

こうした二人の関係について世間では大川の〔遅れてやってきた反抗期〕などと面白おかしく揶揄しているが、ことはそれほど単純ではないと思う。

私の知る範囲でも、いくつかの理由がある。

一つは会の運営方針をめぐる対立。

会員獲得を第一義とするような会の拡大路線に善川は猛反対だった。

高橋信次のGLAや、谷口雅春生長の家の信者だったこともある善川には、地道に信者の生活や心の改革に取り組むのでなく、

数字的な拡大を図ろうとする大川の方針が危ういものに思われたに違いない。

結婚後、急速に拡大路線に転じ始めた会の方針に、夫人の影響を見るのは私の読みすぎだろうか。

少なくとも夫人は義父にあたる善川を忌み嫌っていた。

義父が四国から はるばる上京してきても、決して自分たちのところに泊めようとしなかったのは、当時の幹部のあいだでは有名な話である。

すぐ近くに息子の豪邸があるにもかかわらず、父親はホテルに宿泊していた。

そればかりか息子の若い嫁は「お義父さんには悪霊が憑いている」などとまわりにもらしていたのである。

「30をすぎて独身では、かわいそうだからなぁ」

クルマの後部座席でつぶやいていた老父を、私は淋しく思い出す。

もっともこの女性は誰に対しても「悪霊が憑いている」と言っていた。

「家に帰ると〔今日は何々局長の悪い霊を憑けてきた〕と言われるんだ」

大川が苦笑いしながら、こぼしたことがあった。

主宰先生は夫人の尻に敷かれているらしいというのが、二人をよく知る人間の一致した見解だった。

現代の釈迦が妻に頭があがらない。

ソクラテスのようでもあり、微笑ましい人間味を感じる。

しかしそれが会のあり方を左右するようなったら話は別だ。

後のことになるが、フライデー事件の際にも夫人からの指示がファックスで本部へ送られてきていたという。

阿南浩行と佐藤真知子の神託結婚にも、大川夫人の意見が多分に反映されたと見ていいだろう。

大川一人では、阿南の相手に真知子を思いつくとは到底思えない。

それほどこの二人は性格的にも、実際のつきあいにおいても距離があった。

真知子に意識がいく人間がいるとしたら、かつて彼女の〔子分〕だった大川夫人以外にないと思う。

もしかしたら昔の〔親分〕に自分が手にしたばかりの権力を誇示したかったのかもしれない。

こんなことを書くのは、私としても悲しい。

品性が疑われるかもしれない。

しかし書かなければならないだろう。

いま何百万人の会員がいるか知らないが、決して少なくない人々が〈幸福の科学〉の大川主宰や

主宰補佐である夫人、また善川顧問夫婦を神を仰ぐような目で見つめている。

しかし彼らも私たちと同じ人間なのである。

権力欲や嫉妬にも駆られるし嫁舅の行き違いもある。

30をすぎた息子が独身でいることを心配したり、妻にやり込められたことを苦笑いしながらこぼすような、どこにでもいる愛すべき人たちなのである。

問題は、そういう人間を絶対視するところから起きてくる。

sakurakaory.blog.fc2.com