「邪教・幸福の科学」の正体

30年の活動信者。退会後のカルトを語る。

競争好き、拘りの強い人は、敵ばかり作り、幸せな人間関係を作れない

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

どうでもいいことで競い合うんですよね。

例えば、ブログランキングとか。

こんなもの、ただのお遊びに過ぎません。

しかし、この「お遊び」に熱くなり、呪詛まで使うバカが出ます。

また、「ブログランキング、一位」でなければ気が済まない愚か者。

これなども、一種の「狂気」であり、過剰な拘りと言えましょう。

どちらも、普通じゃありません。

お遊びの順位なんて、何位だってよいのです。

また、ブログの内容が自分の意見と違うからといって、何も「遥か彼方の神様」へ呪符を作って「殺してくれ」と頼む必要もありません。

こういう連中は、精神が未熟で、大人になっていません。

ガキのまんまです。

ホント、いい年しながら、自己愛、自己顕示の塊です。

その醜態を日々、世界中に晒しながら何一つ、恥ずかしいという感情がないのです。

これを以て「畜生道」と呼びます。

ランキング一位のブロガーに嫉妬しまくり、最後は耐え切れなくなり逃走したようですが、最後まで「ガキ」のままでした。

また、中高年のいいオッサン、オバサンが、これまたいつまでもガキのように、自画撮りをベタベタと貼りまくりますが、人間、精々40を過ぎたら、もう自己アピールを控え、謙遜の美徳を悟らねばなりません。

上記の愚か者たちは日々、自己顕示し、愛を奪うことに終始し、愛を奪い合う争いに熱中し、周りに敵ばかり作っております。

挙句の果ては、呪詛です。

正真正銘の「バカ」です。

これぞ、本物の「バカ」なのです。

「絶対に幸福になれない人生」を信仰、正義の名の下に生きています。

バカは、死ななきゃ治らない?

いえいえ、死んでも治らないでしょう。

 

まあ、「幸福の科学」の教祖自体が、その「バカ」ですから。

絶対に発展しない運営手法で、世界一を目指しているのですから。

有能な部下を次々とクビにし、実績皆無の愛人ばかり役職に就け、減る一方の信者から資産を奪い尽した為、現在、支部は閑古鳥。

「御法話拝聴会」のDVDを大量にダビングし、タダでバラ撒いています。

最早、閑古鳥の支部は、あれほど教祖が怒り狂って「とれ!」と命じた「五千円」すらとらず、「とにかく来て下さ~い」ということで、タダでバラ撒く始末。

宗教ビジネス成功の基本、それは「信者を大切にすること」。

この第一義的な重要法則の真逆を30年、直走って来た幸福の科学に、未来などありはしません。

因果応報。