「邪教・幸福の科学」の正体

30年の活動信者。退会後のカルトを語る。

【台湾でカルト扱い】藤井実彦は、カルトの一員とみなされています

ブログランキング・にほんブログ村へ

http://img.takungpao.com/2018/0912/20180912031741216.jpg

起底藤井实彦 被视邪教成员 _大公网

(翻訳機による自動翻訳ですので読み難いと思います)

中国時報によると、大公報[ニュース]報告:日本の右ウイングをリアル和彦藤井(図を参照)台南ラリーに大きな怒りに上昇を与えられ、「慰安婦」像のイベントを、キックします。

実際、この人は常に「慰安婦を拒絶する」ことを自分のビジネスとみなしてきました。

2014年にフランスで開催されたアングレーム国際漫画祭では、もともとイベントを記念して、「慰安婦」特別展を持っていましたが、本当一彦藤井はその政治力は、外乱展示会に抗議を続けて使用します。

彼が所属する「幸福実現党」も議論の余地のある宗教団体です。

当時、「慰安婦」展は、「慰安婦」事件が知られていたヨーロッパでの数少ない活動の1つでした。

韓国アニメーション・デベロップメント・インスティテュートの統計によると、発売から4日以内に17,000人以上の来場者が視聴した。

慰安婦」の歴史を否定する漫画展の座席も、藤井志彦氏が自称している。

主催者は藤井志彦の要請に同意しなかった。

しかし、日本の当局者は、この力を強く公然と「主催者には後悔がある」と述べた。

藤井志彦のような右手のキャラクターにとっては、日本の公的支援を得ることが彼の最大の業績です。   

一彦藤井実物では「幸福実現党」が1984年に設立された、mieshi世界的に疲れたいかなる教義上のコンテンツが存在しないが、

現代の宗教「幸福の科学教育」に由来し、だけでなく、むしろ奇妙な、自分自身を説明している所属守護霊と通信することが可能であり、

ほとんどの日本人はオウムの後で宗教団体とみなされており、そのほとんどはお互いから遠く離れており、彼らとつながりたくない。

(世間からカルト認定されており、拒絶されている、といったことが書かれている)  

実際、戦後の日本の多くの漫画作品は、「慰安婦」は第二次世界大戦中に犯された多くの犯罪の1つであると長らく告白してきました。

ほとんどの日本人は、第二次世界大戦における自らの役割を認識している、本当に侵略者である、それは偉大な間違った側の有罪ですが、

また、その年の歴史の犯罪に立ち向かうことができますが、日本の戦後の政治的環境が、それはセットに続い直接戦争でありますしたがって、政治的な数字は、日本の遠い力はほとんどないが、強い政治的支持を持っている。 

f:id:kroyidhfue:20171205135451j:plain

f:id:kroyidhfue:20171215091240j:plain

f:id:kroyidhfue:20171123193825j:plain

f:id:kroyidhfue:20171123193956j:plain

f:id:kroyidhfue:20171123194008p:plain

f:id:kroyidhfue:20180725110256j:plain