「邪教・幸福の科学」の正体

30年の活動信者。退会後のカルトを語る。

フミカスは、捨てられる可能性が極めて高い

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

バカシの好みの女ですが、嘗てきょう子氏が週刊誌で告発してますね。

「知的な女」と。

つまり、バカシにとって、フミカスは客寄せパンダ、金集めの道具に過ぎない、ということ。

フミカスの「おバカ・ツイート」には、一切の知性を感じさせませんので、バカシにしてみれば、「金集めの為に苦痛に耐えている」のでしょうかね。

フミカス効果ですが、ある意味、一部のハイテンション・リーダーたちが担いでるだけで、まともなアタマの信者たちは逆に、嫌気が差しているように見えます。

アレを「観音様」として尊敬するのは、極めて難しいでしょう。

フミカスより、更に宣伝効果の小さい雲母がアリプロに復帰?

有り得ませんね。

赤字プロダクションが何故、使い物にならないD級アイドルに投資しますか?

まして、結婚して人妻ってことなら尚のこと、もう絶望的です。

私のツイートを読み、リンク記事を読み、バカシの悪事を知ってしまい、それを咎められての新宿精舎への「事実上の追放」。

「お前は、もう要らない。用済みだ」という意味でしょう。

哀れな女です。

そこまでゴミのように扱われながら何故、教団にぶら下がり続けるのでしょうか?

今から、就職先を探しておいた方が利口です。

もう、教団はもちません。

 

バカシ、超赤字経営なのにドイツで講演?

キチガイですね。

どうせ、「愛人同伴」でしょ?

ただの「パコパコ旅行」に過ぎません。

 

職員さんたち、早く見切りを付けて、再就職を。

バカシは、現状が全く見えないのです。

日々、デパス決めてる精神病者です。

滅亡スパイラルに巻き込まれる前に、再就職を。